肘を黒くしてしまう習慣

肘に黒ずみを作る原因となる日常的な習慣がいくつか存在します。

 

肘の黒ずみの要因はメラニン色素

メラニン色素が肘の黒ずみの要因です。
肘に刺激が加わると、メラニン色素がその刺激から皮膚をガードするために生じます。

 

メラニン色素は無害な物質ですが、メラニン色素がたくさん生成されてしまうと、
排除が追いつかなくなって、色素沈着(黒ずみ)が生じてしまうのです。
メラニン自体は、主に摩擦や圧力等の刺激によって生じます。

 

 

肘に黒ずみを作る習慣

肘に黒ずみを作る習慣にはどんなものがあるのでしょうか。

 

・頬杖
頬杖をつくと、肘に多大な圧力が掛かる事になり、肘の黒ずみの原因になる事があります。

 

・肘をつく
頬杖でなくても肘をついてしまう事はあると思います。
例えば、壁により掛かる時などですね。
頬杖以外に関しても気を付けるようにしましょう。

 

肘を可能な限り他の場所に触れさせないようにすれば、
それがそのまま黒ずみの防止ケアとなります。

 

・化学系繊維の衣類を着る
化学系繊維の服を着ていると、肘との摩擦が起きやすいので、
可能な限り自然系素材の衣類を選ぶようにしましょう。

 

服の事までは普段意識しないかもしれませんが、
実は肘を黒ずみをケアするためには重要な部分です。

 

・お風呂で力を込めて洗浄する
お風呂で力を込めて肘を洗えば、邪魔な角質を除去する事が可能です。
しかし、力を込めていると大抵必要な角質まで除去してしまう事になります。
そうすると、ただでさえ刺激に対する抵抗能力が低い肘が、
さらに刺激への抵抗能力を失ってしまいます。

 

特にタオルなどを使って力を込めて肘を洗うのは絶対に止めましょう。
肘の黒ずみを発生させたり悪化させたりするだけです。

 

・寝不足
寝不足と肘の黒ずみは繋がりにくいように思えるかもしれませんが、
睡眠習慣を整えれば、皮膚のターンオーバーを整える事が可能です。
邪魔な角質やメラニン色素は、眠っている間の方が追い出しやすいという事もあります。

 

反対にターンオーバーが崩れていると、どんどんメラニンが蓄積して、
肘などの黒ずみが酷くなってしまうので気を付けましょう。

 

見落としがちな部分かもしれませんが、まずはしっかり睡眠を確保して
肘の黒ずみをケアしていきましょう。陰部 黒ずみ