正しい肘の角質ケア方法

肘の黒ずみの要因の1つに「不要な角質の蓄積」があります。
そして、この肘の角質は適切な手段でケアしないと、
かえって逆効果になる場合があります。

 

ここでは適切な肘の角質のケア手段を紹介していきます。

 

古い角質を除去する

角質ケアの目的は、角質をトータルで見て良い状態にキープするという事です。
ですから、細胞として死んでいる不要な角質を除去する事が大事なのです。

 

不要な角質の上から美容液やクリームを用いても、
生きた皮膚にはほぼ届かないので、無意味になってしまいます。

 

ですから、まずは不要な角質を除去しましょう。

 

具体的には、まずはお風呂にじっくり入るなどして、角質を柔化させます。
最初から軽石やスクラブで力を入れて擦るのは厳禁です。

 

不要な角質でも、きちんと柔化させれば軽い力できちんと除去できます。

 

きちんと保湿する

角質を除去したら、きちんと水分を与えて保湿します。
ボディローションや化粧水等を使いましょう。

 

肘は皮脂腺や汗腺が少ないので、角質が分厚くなる傾向にあります。
そのため大変乾燥しやすいので、可能な限り頻繁に水分を与えるべきです。

 

美容成分や水分を補給したら、上部からオイルやクリームで蓋をするのです。
「補給した水分を逃がさない」というイメージですね。

 

日々の生活習慣を見直しましょう

肘の黒ずみの要因には、肘への「圧力」「摩擦」「刺激」などがあります。
ですから、それを与えかねない習慣は改善していきましょう。

 

UV(紫外線)をできるだけ浴びないようにする、頬杖をつかないようにする、
肘を洗う折に力を込めないようにするなどの注意が必要です。

 

適切な道具を用いましょう

肘の黒ずみや角質ケアに関する道具は、山ほど存在します。

 

テレビ、雑誌、ネットなどでは身近なもので行えるケア手段が紹介される事がありますが、
もちろん専用の道具に勝てる事はほぼありません。
それに、体質によってはかえって黒ずみを悪化させる事もあります。

 

肘用に開発された道具は、肘の特徴を考慮してより効きやすいように開発されているので、
使用感も効き目も違います。

 

安易な情報に飛びつかず、適切な道具を用いるようにしましょう。